ECサイトを開設して集客するには?基本の手順を確認しよう!

SNSやスマートフォンの普及にともない、ネット通販の市場規模は年を追うごとに拡大を続け、その勢いはさらに伸びる一方です。

ネットショップは、今や誰にでもカンタンにはじめることが可能となりました。

しかし、いざ実際にネットショップを開設しようとすると、何から準備すればよいのか、情報も多すぎて戸惑うこともあるでしょう。

ネットショップの開設自体はカンタンでも、その後集客して利益をあげることができるのか、不安もあります。

この記事では、ECサイト開設から集客までの基本的な手順をご紹介します。

まずは、ゼロからイチへすすんでいきましょう!

モール型ECか、自社EC(ASP)か?ショップの種類をどのタイプにするか決める

まずは、ECサイトにはどのような種類があるのかを知り、販売チャネルを決めます。

ECサイトは導入した後に売り場を入れ替えようとするとかなりの労力がかかるため、最初に適切なタイプを選ぶことがとても重要です。

ECサイトの種類として代表的なものは、「モール型ECサイト」と「自社ECサイト(ASP)」の二つがあげられます。

モール型ECサイトとは、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングのようにさまざまなショップが集まっている形態のサイトで、1つの大きなショッピングモールのようなイメージです。

メリットとしてあげられる特徴は、モール自体に知名度と集客力があるため、お客様を呼び込みやすく、またお客様の信頼も得やすいということです。

サポートも充実しているため、運営上で困りごとが起こった場合でも安心感があるでしょう。

ただし、多くの企業が出店しているため価格競争が起こりやすく、ブランディングもしづらいことや、費用についても出店料や各種ロイヤリティを支払う必要があり、顧客情報が取れないという点がデメリットでしょう。

自社ECサイトを構築する方法で代表的なASP型というのは、BASEやShopifyのようなサービスで自社のネットショップを作り、集客するタイプのサイトのことです。

ASPは、ネットワークを通じてアプリケーションを提供する事業者やサービスのことで、ECサイト向けのASPは、EC業務に必要な機能(カート機能、決済関連機能、配送等)を初期設定で備えています。

メリットとしては、モール型に比べ初期費用が安いこと、はじめから最低限必要な機能が実装されているので短い期間での導入が可能であることなどがあげられます。

また、顧客情報も自社へ残すことができ、マーケティングに活用できます。

ただしモール型のように知名度や集客力がもともとあるわけではないため、自助努力が必要でしょう。

ECサイトには、種類やサービスに応じてそれぞれのメリット・デメリットがあります。

自社商品がターゲットとする層を調査する、かけられるコストを算定する、必要なセキュリティやサポート体制を把握する、など事前準備を充分に行い、サイト構築の為のサービスを選んでいきましょう。

実際にECサイトを開設する基本的な手順

①モール型

モール型ECサイトにはさまざまなパターンのサービスがあります。

ここでは、「テナント型」(例:楽天市場)での開設手順をご紹介します。

1.出店申込

2.オープン審査準備

3.開店

Web上で出店申し込みをすると2週間から1か月ほどでアカウントを開設できるようになります。

楽天市場ではオープン審査があるため、審査・運営に必要な決済方法やサイトデザイン、出品商品などを整備していきます。

審査に通れば開店となります。

②ASP型

ASPにもさまざまなサービスがありますが、共通する基本的な手順は以下となります。

1.ショップ作成

2.サイトデザイン制作

3.決済.配送関連準備

4.商品管理

5.特定商取引法に基づく表示

まずはショップの基本情報を設定し、ショップを作成します。

サイトデザインを作り込み、決済や注文・配送関連の準備、出品する商品登録を行います。また、必ず「特定商取引法」についての掲載を行うようにします。

客を集める

ECサイトを開設したら、成功の鍵は「集客」です。

実店舗と同様にECサイトでももちろん集客は大切で、マーケティングの手法をバランスよく使いながら顧客を獲得し、リピートへ繋げていくことが重要となってきます。

ECサイトの集客方法で代表的なものとしては

・ブランディング

・オウンドメディアの運営

・リスティング広告

・メールマガジンの運営

・アフィリエイト集客

・SNS集客

などがあげられます。

時間がかかる手法も有り、一朝一夕に効果があがるものではありませんが、できるところから始めていき集客へつなげていきましょう!

まとめ:ECサイト構築の基本を知り、まずは一歩進めてみよう!

今回は、ECサイト開設の基本的な流れをお伝えしました。

今後ますますネット通販の需要は大きくなることが見込まれ、ECサイトの構築についてもさまざまな新しいサービスが提供されていくことが予測されます。

まずは基本的なところから開始して、少しずつ可能性を広げていきましょう!