すぐに始められるモール型ECサイトの特徴を解説

インターネット上で商品を販売するのに、ECサイトは欠かせない存在です。 これからECサイトで商売を始める方は、こんな悩みを抱くのではないでしょうか。

「そもそもECサイトという言葉を聞いたことはあるけどよく知らない」 「始めてみたいけど、何から手をつけていいかわからない」

今回の記事では、すぐに始められる「モール型ECサイト」の特徴をまとめました。 最後まで読み進めていただき、モール型ECサイトの特徴をしっかり理解していきましょう。

モール型ECサイトとは

ECサイトとはオンライン上で、商品やサービスの取引を行うサイトのことです。 ECサイトにはモール型と自社サイト型の2種類があります。

モール型ECサイトは、一つのサイト上に複数の店舗が出店し、商品の販売を行うサイトです。 ネット上の大型ショッピングモールを想像していただければ、わかりやすいと思います。 モール型ECサイトで有名なサイトは、「楽天市場」と「Amazon」です。

自社サイト型との違い

モール型とは異なり、サイト構築などを全て自分で行うのが自社サイト型です。モール型には無いオリジナリティーやブランド力を発揮できるでしょう。

ただしモール型と違い運営サポートがないため、自分で全て管理しなければなりません。 まずはモール型の運営で実力をつけてから、自社ECサイトを始めるのも一つの方法と言えるでしょう。

モール型ECサイトの種類

テナント型

テナント型とは、ECサイトの一部の場所を借りて自分の店舗を出店します。 商店街の一角に自分のお店を出店するイメージです。テナント型で有名なECサイトといえば、「楽天市場」でしょう。

テナント型ではECサイトのオーナーが場所を提供しているだけなため、店舗の管理は自分で行う必要があります。具体的には商品の登録、在庫管理、商品が売れた時の発送管理などがあげられるでしょう。

マーケットプレイス型

マーケットプレイス型は、商品単体を出品するECサイトです。 テナント型のように店舗を出店するのではなく、あくまで一つの商品を出品します。商品が購入されればECサイトの管理者から出品者へ通知が行き、出品者は購入者に商品を発送する流れです。

マーケットプレイス型の代表格といえば、みなさんご存知「Amazon」でしょう。企業から個人まで気軽に商品を出品できることで有名ですね。

モール型ECサイトのメリット・デメリット

メリット

集客がしやすい

有名なECサイトで出店すれば、集客の必要がありません。なぜなら認知度が高いため、自ら集客しなくても顧客が商品を買ってくれます。集客力に不安を抱える中小店舗におすすめと言えるでしょう。

低コストですぐに始められる

出店料や手数料を支払えばすぐにECサイトを始められるのも、大きなメリットと言えるでしょう。自社サイト型と違い、サイト構築などに時間をかける必要はありません。初心者でも、サポートが充実しているECサイトもあるため手軽に始められるでしょう。

信頼度が高い

先ほどあげた、Amazonや楽天市場は有名企業であるため信頼できますよね。信頼できる企業の下でECサイトを始めれば、商品のトラブルも企業側が対応するため販売者が気を使う必要はありません。そのため消費者は、安心して買い物ができるのです。

デメリット

競合が多い

有名なECサイトでは同系統の商品や店舗が多く集まるため、埋もれてしまう可能性があります。そうならないためにも他とは違う強みや、独自性を出して差別化を図る必要があるでしょう。

ブランド力に欠ける

モール型ECサイトで商品が売れたとしても、自社の名前を覚えてもらうのは難しいでしょう。 例えば「この商品どこで買ったの?」と聞かれて「Amazonで買ったよ」と答えられてしまう可能性があるためです。消費者に印象付けるには、商品や出店ページの見せ方が重要になるでしょう。

すぐに始められるモール型ECサイト3選

簡単に始められる有名なECサイトを3つ紹介していきます。

Amazon

Amazonは「マーケットプレイス型」ECサイトです。

日本国内では月間訪問者数が5,000万人を超えているため、最も利用されているECサイトと言えるでしょう。Amazonはシンプルなサイトデザインなため、楽天市場と違い商品ページが見やすくAmazonでしか買わないユーザーもいます。

AmazonでECサイトを始めるにあたって売れやすい商品は、「すぐにわかる商品名」「見やすい画像の選定」「商品説明欄は丁寧に」を意識しましょう。

また在庫を自分で抱えたくない場合は、フルフィルメントの活用をおすすめします。フルフィルメントとはAmazonの倉庫に商品在庫を預けて、注文が来た時にAmazonが梱包発送を自動的に行ってくれるシステムです。

出品費用は月額100〜4,900円で、さらに販売手数料と配送料などがかかります。AmazonはどのECサイトよりも手軽に行えるため、商売を始めるきっかけとして利用するのが良いでしょう。

楽天市場

楽天市場は「テナント型」ECサイトです。 クレジットカードのポイント還元率が高いことから、「買い物は楽天で」という利用者は多くいます。 Amazonと比較されることが多いですが、ECサイトで差をつける機能がたくさん備わっています。 例えばAmazonでは商品ページが決まったデザインになっていますが、楽天市場ではページ編集が可能です。商品ページを見やすいデザインに編集すれば、消費者が商品購入までスムーズに行えるでしょう。

また、ECコンサルタントが運営サポートしてくれます。サポート内容は

  • どの時期に売ればいいか
  • マーケティングのノウハウ
  • 売り上げの伸ばし方

などが挙げられます。これからECサイトを始める人にとっては、ありがたいサポートですよね。費用は月額10,000円からで、プランによって料金が異なります。Amazonより高めの値段ですが、サポート内容も充実しているため予算に余裕があればすぐにでも始めましょう。

Shopee

Shopeeは「テナント型」のECサイトで世界規模で運営されています。 日本から海外への発送が行えるため、グローバルな販売が行えるでしょう。 東南アジアを中心に展開しており、シンガポールや台湾など8地域に進出しています。

海外販売が不安な方もいると思いますが安心してください、外国語の翻訳をスタッフがサポートしてくれます。Shopeeでは他のECサイトと比べて出店料や販売手数料がかからないため大きなメリットといえるでしょう。

ただしペナルティになるルールがいくつかあります。例えば出品禁止の商品を販売してしまうと、場合によってはアカウントを削除されてしまう可能性もあります。食品や化粧品、コスメなどの出品は特に注意が必要です。事前にルールの確認をしましょう。

モール型ECサイトを始めてみましょう

今回の記事でECサイトの特徴は理解できたと思います。これからECサイトを始めるなら、モール型がおすすめです。出店の手数料などコストをかければ、運営サポートが充実しているECサイトを運営できます。

またモール型で商売のコツを掴んだら、自社サイト型にも挑戦してみてください。 ECサイトのデザインを一から設計して、独自の商品を販売していきましょう。