自社ECサイトの特徴と手軽に始められる プラットフォームを紹介

ビジネスの事業展開をするには、ECサイトが欠かせません。 社長から、「ECサイトの立ち上げを頼むよ」と依頼された営業マンは多くいるでしょう。

  • ECサイトのことは知っているけどまだ勉強段階
  • これから自社サイトを立ち上げたい

この記事では自社ECサイトの特徴について紹介していきます。 最後まで記事を読み進めていただければ、自社ECサイトの特徴が理解できサイト構築に役立つ内容です。

自社ECサイト型とは

ECサイトのデザインや商品在庫・顧客管理など全て自分で運営しなければならないのが自社サイト型です。

モール型と違い自社ECサイトは、開放しているだけでは商品は購入されないため、やるべきことがたくさんあります。「わかりやすいサイト設計」や「ECサイトへの集客」などがあげられるでしょう。

自社ECサイト型では、企業イメージに近いサイトデザインにできます。 より自由なデザインで企業のオリジナリティを出すなら、自社サイト型で立ち上げましょう。

4つの構築パターン

自社サイト型には4つの構築パターンがあります。

  • フルスクラッチ
  • パッケージ
  • オープンソース
  • ASP

どのパターンで構築するかでサイトの「作成コスト」「完成までの時間」「サイトの仕上がり」が大きく変わるでしょう。それぞれの特徴を順番に解説していきます。

フルスクラッチ

ゼロからECサイトを立ち上げる方法です。まっさらな土地を探してから、ラーメン店を新規で建てるイメージをしてください。自由なサイト設計とプラットフォームなどの制約にも縛られないため、独自の運用を行えるでしょう。

ただし大きな費用(数百万以上)と、システムをゼロから構築するため時間がかかるデメリットが有ります。また年々システムは古くなっていくので定期的なメンテナンスも必要です。

最近では低予算で機能が充実したECプラットフォームが多数あるため、フルスクラッチでのEC構築は少なくなっています。

パッケージ

パッケージ会社からソフトウェアを購入する構築方法です。 自由なデザイン性と商品管理や売上管理など必要な機能が初めから導入されています。

ラーメン店の骨組みと運営に必要な水道やガスは準備できていて、建てる土地探しとお店の外観を整えるイメージですね。費用はフルスクラッチと比べて抑えられますが、システムの定期的な更新が同様に必要になります。

ECパッケージを出している各社を比較して、自社商品のイメージに近い会社を選択しましょう。

オープンソース

一般公開されているフリーのプログラムをインストールする方法です。 オープンソースのECサイトにはサーバー・ドメインが必要になります。無料のラーメン店舗(ECショップ)をサーバー(土地)に立て、ドメイン(住所)を取得するイメージです。

自由にサイトデザインできますが、WEB制作の知識が必要になるでしょう。具体的にはHTML・CSS・Java・PHPなどプログラミングスキルです。

オープンソースのソフトウェアは誰でもインストール可能なため、セキュリティ対策を行わなければなりません。ECサイトでは消費者の個人情報を取り扱うため、細心の注意が必要です。

ASP

ECサイトを開設できるプラットフォームで始める方法です。4つの構築方法の中で最も費用を抑えた運営が可能になります。SNSアカウントを作成するような手軽なイメージでお店を始められるため、初心者でも簡単にできます。

また上記の3種類との違いにサーバーを準備する必要がありません。 システムの更新もプラットフォーム側で行うため、管理が楽になりサイト運営に集中できますね。

ASPで有名なECサイトは「BASE」「STORES」です。どちらのサイトもアカウント作成から、ショップ開設までスムーズに行えます。本記事の後半では各ECプラットフォームについて紹介しているため、読み進めていただきそれぞれの特徴をしっかり抑えていきましょう。

自社ECサイトのメリット・デメリット

自社ECサイトを運用するメリット

デザイン性がある

モール型と比較すると、圧倒的なデザイン性があります。そのためショップのブランディングもしやすいです。自社イメージにあったデザインで他者との差別化を計りましょう。

リピーターを増やせる

ECサイトには消費者の情報がデータとして残るため、性別や年齢層などを分析できます。「もう一度利用したい」と思わせるユーザー目線のサイト設計ができる自社ECは大きなメリットといえるでしょう。

自社ECサイトを運用するデメリット

集客力がない

Amazonや楽天市場などのモール型では顧客が一定数いますが、自社型ではゼロスタートです。そのため自力で集客を行わなければなりません。コンテンツのSEO対策やSNSマーケティングは必須と言えるでしょう。

利益が出るまでに時間がかかる

ゼロからECサイトを立ち上げる際は、長い時間を要します。 そこから売り上げを伸ばすには、自社サイトを認知してもらうための集客方法を駆使していく必要があるでしょう。結果的に時間がかかるのは必然といえます。

手軽に開設できるECプラットフォームを3つ紹介

Shopify

Shopifyは個人・小規模向けのECサイトを立ち上げるのに向いています。「これから始める人」「初期費用を抑えたい人」はShopifyがおすすめです。

サイトデザインはテンプレートが豊富にあるため、おしゃれなテーマを選択できるでしょう。

ただしテンプレートのデザインだけでは、他のECサイトと似通ってしまうでしょう。HTML・CSSなどのコーディングの知識が、オリジナリティを出すためには必要です。

BASE

BASEは初期費用と月額費用が無料なため、費用を抑えたい人には特におすすめのECプラットフォームといえるでしょう。

クレジット決済システムがすぐに導入できるのも、魅力的な特徴といえます。テレビCMの影響で利用者が大幅に増えている「今」が始めるチャンスですね。

STORES

STORESは初心者でも利用しやすい無料プランがあります。 さまざまな集客方法があり、InstagramなどSNSと連携が可能です。

連携できるアプリの中にファッションアプリ「WEAR」があります。1,500万ダウンロードされているアプリのため利用者は多い方です。これから服やアクセサリーのショップを立ち上げる企業には、集客面で強みのあるECプラットフォームになるでしょう。

独自のECサイトを築く

今回の記事で自社ECサイトの特徴について理解できたと思います。 コストや時間を抑えたいなら、手軽に始められるASPのECプラットフォームの利用がベストでしょう。

これからECサイトを立ち上げるにあたっては、webの基礎知識は必須といえます。独自のデザインでECサイトを築きあげ、ビジネスを成功させましょう。