商品が売りにくい? (LPO)

生活必需費に困っていたのは今や昔話。これからの時代、商品まかせでは売れにくいのが現状です。お客さんの購買行動に合わせた行動が企業に求められています。インターネットでのビジネスを強化するためにLPO を提案します。

お客さんの状況で市場は変わる

現在の日本では一般的に生活する上で必要な生活必需を持っていない人はいないのではないでしょうか?

この物が行き渡っている市場に、私たちは商品をお客様に販売しなければならないのが現状ではないでしょうか?
物がない時代は、商品が貴重で高く、一度購入すると長く大事に使っていたこともあり、壊れたら新しい商品を買うというサイクルで皆が生活していました。もちろん商品のライフサイクルは長くなります。

現在では、商品が市場に行き渡り、今、どうしても必要なものがなくなってきています。でも、商品を売らないことには、企業の成長はありません。そこで企業は考えます。商品が壊れるまで待って、次の受注を待つのではなく、いま使っている商品より、良いものを提案し、「商品が壊れる前に、買い換える」という流れをつくりました。そして、この流れにシフトし、買い換え需要を喚起するにはどうすればいいか?という課題に取り組んでいます。

例えば炊飯器、米を炊くのが目的です。いま使っている炊飯器で問題なく、米は炊けます。しかし、買い換え需要を喚起する企業は、炊飯器の内釜が特殊な鉄を使っているだとか、真空技術を使っているだとかの特徴をアピールし、食卓でおいしい米のを食べる家族団らん、家族の健康を願うお客様の感情を揺らし、巧みに購入へを導きます。

インターネットビジネスの躍進

コロナ禍での外出はリスクもあり、いままでのように店舗でゆっくり商品を選ぶといことは出来なくなっています。今はインターネットで商品を購入するといことは珍しくなくなりました。コロナ禍以前は20%ほどだったインターネットでの購入率が、現在では40%ほどまでに上がっているということも聞きます。

炊飯器を購入する場合、店舗で長居できない現状から、情報はインターネットで収集するのがベターです。一つか二つに対象を絞って決めきれない場合、とりあえず、実店舗で実物を見て、大きさや質感、デザインなどを確認し、そのまま購入するか、一度帰って、後日、インターネットで購入するという流れになるのではないでしょうか?

ここで問題があります。

その欲しい商品が、インターネット検索で上位表示されているか?ということが問題になります。検索順位が下がれば下がるほど見つけるのが困難です。きつい言い方ですが誰も見ません。

どうするか?

LPO検討しませんか?

SEO対策するという方法もありますが、時間が掛かります。手はないかというとそうではありません。ランディングページを使うという方法があります。手順はこうです。まず広告を出して、あなたの商品に興味を持ったお客様をその商品専用のランディングページに誘導します。このページはあなたの商品だけの紹介ページです。存分にあなたの商品の紹介が出来ます。ここで商品を販売することも出来ますし、見込客として登録してもらうことも出来ます。見込客リストが出来れば、営業活動が可能です。

どんな広告がいいの?
ランディングページと相性が良いのは、リスティング広告です。PPCという出稿した広告がクリックされると費用が発生する広告です。Googleで検索するとページ上部や下部に表示されます。

リスティング広告のメリットとデメリット
メリットは少額からはじめることができて、確実に掲載結果に表示されます。そして即効性とメンテナンス性が高いです。デメリットはオークション制なので、他社との兼ね合いなどで相場が変わります。また、運用に手間と時間がかかります。自分でやることは出来るかと思いますが、広告運用を運用代理店にお願いするという方法もあります。

テストテスト!
広告をクリックしたお客様はランディングページに誘導されます。ランディングページには情報量の制限がありません。テキスト情報とビジュアル情報を組み合わせて、はじめてページを訪れたお客様に好印象を持たせ、コンバージョンまで誘導します。1ページで制作しているので、テスト検証が可能です。有名なのがA/Bテストです。ちょっとしたビジュアルが変わったAとBのランディングページでどっちのコンバージョン率が高いかテストをします。ちょっとした変更でコンバージョン率が変わることも珍しくありません。
コンバージョンを上げるには広告、ランディングページともに検証を行い、修正していくことが必要です。広告、ランディングページを修正し、コンバージョン率の最適化を行いましょう。これがLPOです。コンバージョン率を上げていくことが、あなたのビジネスを成功に導きます。
例えば、コンバージョンが「見込客のメールアドレルの取得」だった場合、広告費がおなじなら、より多く集めたいと思うのが正しいビジネスマンだと思います。このより多く集めるには、より良いLPOが必要です。最近では、月額10万円ほどで使えるLPOツールがあり、効率化していますが、先ほどのA/Bテストも非常に手間がかかります。

素敵な未来へ
コンバージョンを最適化(LPO)したランディングページから見込客のリストが集まりました。あとは、この見込客に営業するだけです。どうぞコンタクトしてください。何度も販売してください。素敵な未来が始まります。


ランディングページを発注する場合は、予算にもよりますが、制作とその後の運用までお願いできるところが望ましいと思います。