市場調査はどうすればいい?目的や方法をご紹介します!

顧客のニーズや市場動向などを把握するために市場調査を導入することになったものの、何から始めればよいかわからない、といった場合もあるのではないでしょうか。

市場調査は顧客の本音、商品の評価などを知るために必要不可欠です。

市場調査を行うことによって商品の販売予測を実施し、より良い商品開発へとつなげたり、売上が思わしくない場合は、市場調査でその要因を特定して、商品価格の見直しや商品の改良につなげたりすることができるでしょう。

今回は、市場調査とは何か、市場調査の目的は何か、市場調査の方法にはどのようなものがあるのか、といった内容でお伝えしていきます。

市場調査の基本を理解して、自社のビジネスにお役立てください。

市場調査とは?

市場調査とは、企業がマーケティング活動を行う上で必要なさまざまな情報を収集し、顧客のニーズや市場動向を把握し、戦略を立てていくことです。

企業は消費者に対し自社の商品・サービスの魅力や利便性を伝えるためにマーケティング施策を行い、アピールします。

ですが、一番大切なことは、消費者側が自社のサービスや商品をどのようにとらえているのかということです。

顧客や市場を調査・分析することによって、自社の売上をどのように上げていけるのか、仮説を立てながら検証していくことができるのです。

市場調査の目的とは?

新しいサービスや商品を販売しようとするとき、顧客に受け入れられなければ損失が発生します。

そこで、市場調査を行い、顧客の評価を事前に把握します。

市場調査を行うことによって、未知の顧客層の意向を数値として把握できるようになり、さまざまなマーケティング施策を調整していくことができます。

市場調査は、いろいろな場面で活用されており、顧客のあらゆる情報を企業に伝えてくれます。

市場調査が活用される代表的なものとしては、

  • ブランドイメージ調査
  • 商品開発調査
  • 価格調査
  • 満足度調査
  • 販促調査

などがあげられます。

消費者から自社商品や他社商品のイメージを聞き取って、自社ブランドの戦略が上手く届いているのかを調査したり、商品に対する顧客のニーズや不満点を聞き出し、商品開発・改良につなげたりします。

また、マーケティングにおいて商品の価格は非常に重要で、どのくらいの価格なら売れるのか、地域差はあるのかといった価格調査もよく行われます。

商品の改良点や新たなニーズを掘り起こすための満足度調査、どのような広告やイベントが販売支援として効果があるのかといった販促調査なども、よく行われる市場調査です。

商品を大量生産する場合など、一度売り出してしまって売れなければ、損失は大きくなります。

その為、事前に調査しシミュレーションできる、ということが市場調査を行うメリットとなるのです。

市場調査は、商品やサービスのターゲットとなる顧客の声を集め、数値データとすることで販売予測をたてたり、商品開発につなげたりすることができます。

知りたい内容に合わせて、調査内容を選択していきましょう。

市場調査の方法

市場調査にはさまざまな種類があります。

ここで、いくつか代表的な調査方法をご紹介します。

①定量調査

定量調査は、調査する対象の「量」や「割合(%)」を調べます。

例えば商品の認知度など、比較的広範囲で多くの人を対象に調べる調査方法です。

1.アンケート調査

インターネットを利用して、調査対象者にオンライン上の調査フォームに回答してもらうインターネット調査、調査票を対象者に郵送してアンケートに答えてもらう郵便調査、その他訪問調査、街頭調査などがあります。

アンケートの調査票を自社で作成し調査して集計まで行う方法と、すべてを調査会社に委託して行う方法があり、条件に合わせて選択していきます。

2.会場調査

事前に用意した会場で、対象者に商品やサービスの感想や意見を聞き取り、データ化して調査する方法で、CLT(Central Location Test)調査とも呼ばれます。

②定性調査

定量調査のように数値で表すことができない対象者の行動や意見を調査するのが「定性調査」です。なぜ利用率が高いのが、どのような部分が気に入られているのかといった、理由や要因を調べることができます。

1. インタビュー調査

対象者に直接質問する調査方法です。

2. ミステリーショッパー

調査員が客を装って調査したい対象となる店舗などへ行き、従業員の対応や店内の商品陳列の状態、清潔さなどの状況を調査する方法です。

3. 行動観察調査(オブザベーション)

調査対象者の行動を観察し、行動パターンや心理を探る調査方法です。

◆ネットリサーチは今や市場調査に欠かせない手法の一つ

定量調査でも定性調査でも、今はインターネットを用いて調査することができます。

郵送や電話、直接訪問などといった他の手法にくらべコストが安く、SNSなどを使うことによって属性を絞り込んだサンプル数を確保することもでき、短期間で精度の高い調査結果を得られます。

インターネット時代である今、その利点を最大限に生かした市場調査をすることができれば、より良いマーケティング戦略を練ることができるでしょう。

まとめ:市場調査はマーケティングには欠かせない!ネットリサーチも活用することでより高度なマーケティング戦略につなげていきましょう!

今回は市場調査の目的や活用方法、基本的な市場調査の方法などについてご紹介しました。市場調査はマーケティング活動において必要不可欠です。さまざまな手法がありますが、自社に必要な情報を得られる調査方法を選択し、活用していきましょう!