その商品のお客様は誰?

マーケティングにおいて「ターゲティング」という言葉をよく耳にすると思います。

ソーシャルメディア時代である今、人々の生活様式も多様化してきており、顧客の好みや欲求も多岐にわたっています。

そのため、現代のビジネスにおいては、ターゲットを設定すること、「誰」に売るかを決めることが、成功するかどうかの重要な鍵となっているのです。

マーケティングにおいてターゲット設定がずれてしまったことで、売れる商品も売れなくなってしまう、といったことも起こりえます。

この記事では、マーケティングでターゲットを設定すること「ターゲティング」がなぜ重要なのか、ターゲットはどのようにして設定すればよいのか、またターゲットのニーズを探るにはどのような方法があるのか、といったことをお伝えします。

最後までご覧いただければ、マーケティングにおけるターゲット設定の必要性を認識していただくことができ、今後のビジネスに役立てていただけることでしょう。

その商品やサービスは誰に売る?マーケティングでターゲティングが必要なのはなぜか

自社商品や新しいサービスを提供しようとするときは、標的とする市場を適格に設定しておく必要があります

そのためにはターゲティングは非常に有効であり、必要不可欠です。

ターゲティングとは?

ターゲティング

ターゲティングとは自社商品やサービスを提供しようとするとき、どの顧客層を標的にするかを決め、顧客層を限定してマーケティング戦略を立てることです。

ですが、単純に市場を分析し顧客層を絞り込むということではなく、顧客を性別や年齢・嗜好などのさまざまな条件から細分化し、市場を限定していくことが必要となります。

ターゲティングはなぜ必要?

インターネットの普及によって消費者が自由に商品やサービスを調べて選べるようになった現代。

企業が商品やサービスを大量に提供すれば、年代や性別を問わずに誰にでも売れていた高度経済成長期とは違います。

今は、逆に顧客が企業を選ぶことが可能となりました。

そのため、商品やサービスは「誰」に向けて提供するものなのかを考慮することが必須となり、対象者を絞らなければ売れない時代となったのです。

誰か「ひとり」の顧客に選ばれるマーケティング戦略のために、ターゲティングが必要です。

ターゲットを設定する方法とは?ターゲットを設定すれば商品の強みや選ばれるための理由がわかる!

具体的にターゲットを決めるには、どうすればよいのでしょうか。

ここで、ターゲットを設定する有効な方法を2つ

①STP分析
②ペルソナ分析

についてご紹介します。

①STP分析

STP分析は、市場全体から小さく絞っていきターゲットを設定する方法です。

以下の3点からターゲット設定を行います。

・Segmentation(セグメンテーション)

年齢、所得、地域など数値化できる情報で全体を分類します。

・Targeting(ターゲティング)

細分化したグループの中からどの顧客に照準を定めるか決めます。

・Positioning(ポジショニング)

ターゲットに対してどのようにアプローチするか、立ち位置を決めます

STP分析は数値データからターゲット設定するため、根拠性は高くなります。

②ペルソナ分析

ペルソナ分析とは、商品やサービスに対して架空の顧客像を設定することです。

年齢や性別、職業や性格など細部まで設定し「ひとり」の対象者をつくりあげます。

そしてその「ひとり」に対して商品やサービスを提供していくことを考えます。

ペルソナ分析は、より細やかな顧客像を設定できるため、多様化した現代に有効であるといえます。

③ターゲティングを徹底するメリット

ターゲットを絞り込んで設定することは、有効なマーケティングの手法です。

例えば

・自社商品やサービスに興味のある質の高い見込み客を集めることができる
・ターゲットを絞り込むことで顧客ニーズを集めやすくなる
・絞り込んだターゲット層に向けてのみ広告を打つなど、マーケティング活動を効率化することができる

といったメリットがあげられます。

ターゲティングを徹底すれば、企業側にとっては収益が増し、顧客側にとっても自分のニーズを満たす商品を得られるという、双方のメリットを得られることになります。

ターゲットのニーズを探るには?

ターゲットを設定したら、そのターゲット層のニーズや悩みを探ります。

ユーザーニーズを調査するためには、方法がいくつかあります。

・既存客の声を効く
・Yahoo知恵袋などの相談サイトを活用する
・お問合せ内容などを分析する
・モニター調査やアンケート調査を実施する

以上のような方法でニーズや悩みを探り、それらを解決するような要素を商品やサ-ビスに取り込んでいくことで、価値をあげていくことができるでしょう。

まとめ:マーケティングにターゲティングは必須!ターゲットを絞り込むことでマーケティングを効率化することができる

今回はマーケティングにおけるターゲティングの必要性についてお伝えしてきました。

インターネットが普及しソーシャルメディア時代となった今、人々の価値観の変化にあわせたマーケティング戦略が必要です。

自社商品やサービスを提案するときには「誰」をターゲットとするのか、ぜひご一考ください。

ウェブサイトを利用したオウンドメディアマーケティングに関する記事はこちらもお読み下さい。
オウンドメディアマーケティングとは?役割と運用時のポイント (p-image.net)