SNSマーケティングとは?活用できるソーシャルメディアの特徴や手法について

最近では多くの企業がSNSマーケティングを実施しています。

なぜなら、今やSNSは老若男女幅広い層へ普及しており、多くの人々が日常的に接しているツールだからです。

SNSを活用したマーケティングの重要度は増すばかりといえるでしょう。

この記事では、そもそもSNSマーケティングとは何なのか、SNSマーケティングに使われるソーシャルメディアのそれぞれの特徴、SNSマーケティングの手法とポイントについてご紹介します。

SNSマーケティングとは?

SNSマーケティングとは、TwitterやInstagramなどの人気のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を使ってユーザーに働きかけ、売れる仕組みを作ることです。

具体的には、SNSを使って消費者とコミュニケーションを行うことでブランドや商品、サービスの認知度・理解度をあげファンを獲得し、購買につなげていきます。

SNSの普及により、消費者のSNSの利用率はどんどん高まっています。

今や、検索エンジンよりもSNSで情報を収集する人も増え、SNSに影響されて商品を購入する人も多く存在し、SNSマーケティングにはメリットがとても多いといえます。

例えば、SNSを活用することで費用を抑えながら情報を広く拡散できる、顧客との良質なコミュニケーションを図ることができるといった利点があり、従来の広告に反応しないような層にもアプローチすることができます。

またSNSによっては、ECサイトとしての機能を備えたりできるなど、今後SNSがECサイトとして重要なプラットフォームとなっていく可能性もあります。

これらの理由から、SNSを活用することは、これからのマーケティングにおいて必須といえるでしょう

SNSマーケティングに使われる主なソーシャルメディアと特徴を比較

①Twitter

Twitterは、140字以内のテキストメッセージによるコミュニケーションをメインとするSNSです。

リアルタイムの情報収集に強く、10代~50代の幅広い年齢層に人気です。

「リツイート」などのシェア機能により、拡散性が高いことが特徴となっています。

②Facebook

世界で最もユーザー数の多いSNSです。

実名登録性であることから、個々の情報をもとにしたターゲティング精度が高い広告配信が可能です。

日本では、30代から40代という比較的高めの年齢層に人気となっています。

関連記事:Facebook広告の本当のメリットを知っていますか? (p-image.net)

③Instagram

動画や画像などのビジュアルコンテンツがメインのSNSです。

ストーリーズ機能やライブ配信機能など、ミレニアル世代との相性がよく、インスタグラマーとよばれるInstagramの投稿者には、熱狂的なファンを多くもつインフルエンサーも多く存在することも特徴です。

1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代デジタルネイティブと呼ばれる世代と重なる。インターネットが普及した環境で育った最初の世代で、情報リテラシーに優れ、自己中心的であるが、他者の多様な価値観を受け入れ、仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる。

ミレニアル世代とは - コトバンク (kotobank.jp)

多くのフォロワーに対してPRをしてもらう「インフルエンサーマーケティング」が行われるプラットフォームとして人気があります。

④YouTube

世界で最も人気のある動画配信のプラットフォームです。

ユーザーも配信者も幅広い層であることが特徴です。

またGoogle社のサービスであることから、ビッグデータを活用した広告配信が可能です。

YouTubeの配信者である「ユーチューバー」の中には、多くのフォロワーを集めるインフルエンサーも多数存在し、YouTubeにおけるインフルエンサーマーケティングの市場も拡大しています。

⑤LINE

国内No1のシェアを誇るコミュニケーションアプリとして、月間ユーザー数が日本で最も多いSNSです。

ユーザーの層も幅広く、また日本で最も利用者が多いため、他のSNSよりもさらに多くのターゲットユーザーへ情報発信でき、コミュニケーションも可能です。

⑥TikTok

15秒ほどのショートムービーを音楽にあわせて配信できるSNSです。

TikTokで流行ったダンスなどを真似する文化もみられ、Z世代の若い年齢層に人気で、流行の発信地となりやすくなっています。

日本では特に10代の若い世代に人気があるため、その世代をターゲットとした商品やサービスを展開するときに活用することが有効です。

ちなみにZ世代はミレニアル世代よりも更に若い層で、生まれた時からインターネット社会が当たり前の世の中を生きてきた若者を指しています。彼らは今後の日本国内での消費活動の中心となるとも言えます。

SNSマーケティングの5つの手法

①SNSアカウント運用

公式のSNSアカウントを運用することで、自社商品やブランドに関する情報発信を行います。

そして、企業とユーザーとのコミュニケーションを図ることで信頼関係を築き、ファンを獲得していきます。

②SNS広告配信

SNSプラットフォームには、独自の広告配信サービスがあります。

それぞれのSNSの特徴を生かし、テキスト以外の画像や動画を活用し、訴求力の高い広告を作成することができます。

また細かくターゲティングすることができるため、目的のターゲットへ効率よく広告を届けることができます。

関連記事:SNS広告とは?メリット・デメリット・運用成功のポイント (p-image.net)

③インフルエンサーマーケティング

インスタグラマーやユーチューバーなど特定のコミュニティで強い影響力があるインフルエンサーを起用して活用します。

商品開発のコラボや、商品を使っている様子を配信してもらうなどして、数多く存在するフォロワーに情報発信しアピールします。

④SNSキャンペーン

SNS上でユーザー参加型のイベントを企画し、参加してもらうことで認知度を高める方法です。

キャンペーンを通して公式アカウントのフォロワーを獲得できたり、ユーザー自身がつくるコンテンツが増えたりするなど、さまざまなメリットを得られます。

⑤ソーシャルリスニング

SNSを通してユーザーの声を収集・分析し、マーケティングに活用する方法です。

企業主催のアンケートなどと比較して、ソーシャルリスニングによって得られた情報からはユーザーの自由で率直な本音を知ることができます。

ソーシャルリスニングは、SNSマーケティングにおいて基礎となる手法といえます。

関連記事:ソーシャルリスニングとは?SNSマーケティングの基本的な手法! (p-image.net)

SNSマーケティング実施時のポイント

SNSマーケティングを実施するときには、ターゲットを明確にし、そのターゲットに対して適格なプラットフォームと手法を選んで実施することが大切です。

また自社商品やサービスとの親和性も重要となってくるでしょう。

SNSマーケティングで活用できるSNSや手法は多岐にわたっており、日々更新されていくものです。

さらには、炎上リスクなどのデメリットにも備えておくことも大切です。

そのため、専任の運用担当者やチームを整備するといったことも場合によっては必要でしょう。

以上のようなポイントを押さえたうえで、日々の分析と検証を通した長期的な目線での運用が求められることとなります。

まとめ:SNSの普及が広まった今、SNSマーケティングは有効!それぞれのプラットフォームの特徴を生かして活用していきましょう!

今回はSNSマーケティングについて、活用できるSNSや手法などをご紹介しました。

SNS時代の今、SNSをマーケティングに活用しないという手はありません。

自社商品やサービス、そのターゲットにあったプラットフォームや手法を選び、最大限に活用していきましょう!