はじめてのWordPress その1 初めてWordPressを使う方へ  

えっWordpress?私?なんで?

会社でWebサイトを運営することになり、自分達がリーダーとなった。通常の決して暇とはいえない業務もある中で、様々な思いがめぐる方も少なからずいらっしゃると思います。 通常、新規事業のリーダーに求められることとは、まず自社の既存の商品やサービスに対して知識が豊富であること、既成概念にとらわれず柔軟な発想があること、新たなものに挑めるバイタリティーがあること、今後の教育も含め他の人たちを牽引していける力があること等々です。 だから今、あなた方が選ばれているのです。

新しい事を習得することは、楽器を習う事とよく似ている

何か新しいことを習得しようとする時、ワクワクする反面、自分にできるかな?と不安に感じたり、やっぱり止めておけばよかったかなと臆したりしてしまうこともあるかと思います。 新しいことを習得することは、楽器を習うことと、とてもよく似ている気がするのです。「こんな風に弾いてみたい。」「どうせ弾くならこれぐらいは弾いてみたい。」と早速習いにいったものの、どこを押せば何の音がでるのかも今までにない感覚のため戸惑い、楽譜も何がなんだかわからず、五線譜を越えたところに音符があろうものなら、線を数えながら、ドレミと口ずさみながら一苦労。気持ちだけが空回り。はじめはびっくりするくらいゆっくりでしか弾けないのですが、だんだん適度な速さで弾けるようになってくる。初めて出合う"記号"であり"言語"の「楽譜」にも少しずつ慣れていく。楽器だけでなく何事もそんなものだと思うのです。 最初は、これなら弾けるかもと思う曲をとにかく弾いてみることだと思います。そしてその技術が身につきはじめたら、その幅を徐々に広げていけばいいのです。はじめからあれもこれもと、何もかも全部覚える必要はないのです。Wardpressも同じです。

誰にでも「はじめて」がある

知らないことは恥ずかしい事ではありません。年齢も役職も関係ありません。誰にでも最初はあります。今皆さんは通常の業務でさほど苦労なくWordやEXCELなどを使用していると思います。メールもストレスなく取引先などに送っていると思います。プライベートではLINEなどのSNSも使用していると思います。最初の頃の事を思い出してみてください。使い始めた時はどうでしたか? 今使用していているであろうWordやEXCELについてですが、おそらく全部は把握されていないと思います。業務に必要な機能以外はわからないという方もいるかと思います。そんなものではありませんか?それでいいのです。 こんなことを聞いたらバカにされるのでは?怒られるのでは?そんなことを感じなくても大丈夫です。ある程度わかってないとカッコ悪いなどというような重荷も背負わなくてよいのです。こんな曲が弾けたら楽しいだろうなと思うのと同じように、Wordpressでこんなデザインの投稿ができたら楽しいだろうな、アクセスがあったら嬉しいだろうなと軽やかに思い描くことの方が重要なのです。

教え合える環境と基本が大切

そして一番重要なのは、様々な枠を超えた「互いに教え合える環境」です。人の性格が様々であるように、物事における着眼点も様々です。また意外な事を意外な人が知っていたというご経験もあるかと思います。ゆえに、互いに「教え合うこと」はとても大切なことなのです。組織でWebを運営していくということは、まさに「チームワーク」。必ずや他の場面でも役立ちます。 何事も基本が大切です。焦らず一歩ずつでよいと思います。とはいってもそれほど時間もかけられないとも思います。このシリーズは記事を投稿するために必要なスキルをテーマごとにまとめ、だいたい5~10分程度で体験できるように構成してみました。まずはWordpressに慣れていきましょう。少しでも皆さんのご参考になれば幸いです。 Let's try anyway!