ホームページを見る猫

「企業ホームページを作りたいけど、具体的にどのようなコンテンツを載せたらいいんだろう?」

あなたもこのような悩みを抱えていませんか?

ホームページ作成の考え方を間違えたり、コンテンツが不足すると、知らないうちに見込み客や人材を逃し、損をしているかもしれません。

本記事では、企業ホームページのコンテンツで悩まれている方へ制作の際の基本的な考え方やコンテンツ内容を解説しております。

本記事を最後までお読みいただければ、あなたの疑問は解決でき、ユーザー目線の企業ホームページを制作することができるで、最後までお付き合いください。

企業ホームページの目的とコンテンツが持つ重要な役割とは?

ただ闇雲に企業ホームページを作成しても意味がありません。ホームページとその中のコンテンツに目的を持ってホームページを制作しないと、ホームページに対して期待していた結果は得られません。

こちらでは、ホームページの目的とコンテンツの重要性に関して解説していきます。

ホームページの目的は?

あなたが企業ホームページを作る際に大切にしたいのはどのようなことですか?最初にホームページを制作する目的を明確にしておくことが大切です。目的が明確になっていないと、結局なのためにホームページを制作したのか分からなくなってしまいます。

目的の一例としては、

  • 集客をしたい
  • 自社・自社製品の認知度をあげたい
  • 人材採用に力を入れたい
  • お問い合わせを増やしたい

などです。

まずはどのような目的で企業のホームページを作りたいのか明確にして見てください。

ホームページのコンテンツの重要な役割とは?

コンテンツとは、文章や写真や動画などのそれぞれのページのことを言います。ホームページはそのようなコンテンツが集まってできています。

大切なのはユーザー目線であること

ホームページを実際に見て行動を起こすのはユーザーです。ユーザーにとって有益があったり、見やすかったり、見てて面白いなと思われるホームページでないと離れられてしまいます

基本的なページ構成5つ!

企業ホームページに載せるべき基本的なコンテンツをこちらで紹介いたします。この5つは、ユーザーがホームページを訪れた際にあると安心する内容ではないでしょうか。また逆にこれらの内容が欠けていると、訪れたユーザーがあなた(企業)のファンになる可能性が低くなってしまうかもしれません。

会社概要

会社概要は企業ホームページに必要不可欠な内容です。一般的に記載される11項目を紹介いたします。

  1. 会社名
  2. 代表者名
  3. 会社の所在地(現住所の他にマップがあるとより良いです。)
  4. 代表電話番号
  5. 設立年月日
  6. 資本金
  7. 事業内容
  8. 従業員数(正社員・アルバイト・パートの人数)
  9. 主要取引先
  10. 主要銀行
  11. 免許や登録内容(例えば、宅地建物取引業 免許番号・旅行業 第一種旅行業務などです。)

これらが一般的に会社概要に入れる内容です。その他にも役員情報、顧問弁護士、有資格者などの情報で他の企業と差別化をはかることもできるでしょう。

事業内容

事業内容は会社で行っている事業やサービスの内容を記載します。ユーザーとしては、ホームページを見にきた際に内容がすぐにわかるように簡潔に記載されていると嬉しいです。

代表者あいさつ

会社の代表がお客様や取引先、または株主など、ホームページを見に来られた方に想いを伝える場所です。代表者の名前を手書きのサインにして、差別化をはかっている会社もあります。

お問い合わせフォーム

お問い合わせホームは、ホームページを訪れた方が会社に連絡をする手段の一つです。お問い合わせフォームからであれば、24時間いつでもメッセージを送ることができるのでユーザーにとっても便利です。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシーとは、個人情報の利用目的や管理に関して文章でまとめたものです。ユーザーがホームページを通して企業と連絡を取る可能性があるなら必ず設置をしなければいけません。

個人情報の取り扱いに関しては、昨今とても厳しくなっております。プライバシーポリシーは雛形がありますが、安易に雛形を使うよりも、企業の事業目的に合わせて作ることをおすすめします。弁護士に相談し作成するのが良さそうです。

参考:企業法務の法律相談サービス https://kigyobengo.com/media/useful/1354.html

トップページに必要なおすすめコンテンツ3つ!

トップページは、ホームページを開いた時に最初にユーザーに届くページです。企業によって内容は変わってきますが、ユーザーが気になる情報・欲しい情報を素早く見つけられることが大切ではないでしょうか。

最新情報・更新情報

最新情報や更新情報はホームページを訪れたユーザーの目にすぐ入る位置に表示をさせるとより効果的です。新しい情報を届けるだけではなく、企業への興味関心を持ってもらう役目があると感じています。

採用情報

転職活動をする方の7割が企業ホームページの採用情報を見にくるそうです。それだけ採用情報もユーザーから求められている内容ですので、常に最新情報が掲載できるように更新しておくと良さそうですね。

参考:en 人事のミカタ https://partners.en-japan.com/special/old/171206/2/

会社・社員の雰囲気がわかる大きめな画像

写真はとても大事なコンテンツです。文字だけだとユーザーに伝えきれないこともあるので、会社の雰囲気や社員の働いている姿を写したものを掲載するのはおすすめです。

企業ホームページのコンテンツに本当に必要なもの

企業のホームページに盛り込むコンテンツに関して解説させていただきました。ホームページはコンテンツ一つでお客様の行動に大きく影響します。スマートフォンやパソコン1つで簡単に見たり、知れたり、比較ができる時代です。だからこそユーザーの求めていることやホームページを通しての体験が必要になってくるのではないでしょうか。

本記事の内容を参考に、素敵な企業ホームページの作成にしていただけたら幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。