コンテンツのネタが湧き出る!ネタ探しに困らないアイデアの出し方

今回の記事では、コンテンツを作成していく上で必ずくる「ネタ切れ」に対応する方法についてお伝えしています。

ホームページの作成では、コンテンツが重要であることは明らかです。

ですが、ホームページの更新を続けているうちにコンテンツの「ネタ切れ」になってしまうこともあるでしょう。

また、ホームページを作成して、「いざ、運営していこう!」と思っても、なかなかコンテンツのアイデアが浮かばず、つまずいてしまう人もいるかもしれません。

そんな「コンテンツのネタ不足」や「コンテンツのアイデアが浮かばない」といった悩みを解消していく方法があります。

今回は、コンテンツのネタ不足を解消するために

  1. お客様のニーズや悩みを調査する!
  2. マインドマップを活用する!
  3. 既存コンテンツを細分化する!

といった方法をご紹介していきます。

最後までご覧いただき、ぜひホームページのコンテンツの充実に役立ててくださいね!

お客様のニーズや悩みを調査する!

ホームページのコンテンツを作成するときには、お客様のニーズや悩みを解消していくような商品やコンテンツを作成していくことが大切です。

ここでは、お客様のニーズや悩みをさまざまな角度から調査する方法をご紹介します。

「ペルソナ」を設定しユーザーを分析する

コンテンツを作成するときには、ユーザーのニーズや悩みを理解するために、「ペルソナ」を設定します。

「ペルソナ」というのは、理想的なユーザーを想定し、具体的な1人の人物として設定したものです。

年齢、性別、職業などの基本情報のほか、生い立ちや思想など具体的な属性をあてはめることにより、その個人がどのように思考し行動するのかを理解できます。

ホームページに対してどんな人がみてくれるかを想像し、いろんなパターンを考えましょう。

ユーザーを想定したコンテンツを考えれば、いきいきとしたコンテンツを作成していくことができますよ。

インターネットを利用する

インターネットのSNSを利用した、ソーシャルリスニングという分析の手法があります。

人々が、SNS上で投稿した日常的な会話や行動データを収集し、分析する方法です。

メリットは、ユーザーの生の声が聞けること。

インターネット上の情報を分析するので、準備も必要がなく、手軽に行うことができます。

また、ニュース記事や、知恵袋や発言小町などのQ&Aサイトからもネタとなる情報を得ることができるでしょう。

ユーザーのリアルな悩みや、それに対する答えなども生々しく書いてあり、参考にすることができます。

アンケートをとる

アンケートでは、知りたい情報に対して回答を得られ、また回答者の属性も把握することができます。

また、1度アンケートを作成すれば、定期的にアンケートを実施することもできますし、クラウドソーシングを利用してアンケートをとることも可能です。

アンケートのメリットとして、ユーザーからの評価を聞けるという点もあり、コンテンツ作成の参考になるでしょう。

データを分析する

「潜在ニーズ」を探るのには顧客データを分析することが役立ちます。

顧客データを分析するためには、フレームワークを組む必要があります。

フレームワークとは、枠組みや骨組みの意味で、取得したデータを闇雲に分析せず、決められた手順や枠組みに沿って分析します。

たとえば、

・RFM 分析は「Recency (最近の購入日)」「Frequency (利用頻度)」「Monetary (金額の大きさ)」の3つを指標にして分析する方法

・CTB 分析は、「Category(カテゴリ)」「Taste(テイスト)」「Brand(ブランド)」の3つを指標にして分析する方法

です。

データを分析することで、表面にはあらわれない潜在的なユーザーのニーズや悩みを理解することができ、よりユーザーに寄り添ったコンテンツ作成に役立つでしょう。

マインドマップを活用する!

ユーザーのニーズや悩みなど、収集した情報を整理していくには、マインドマップが役立ちます。

情報整理の仕方にはいろいろありますが、コンテンツを作成するにあたって相性がよい方法はマインドマップでしょう。

マインドマップは、脳の思考を解放するといわれている「放射思考」に基づいて考案されています。

文字だけで書くだけでなく、絵や写真もつなぎ合わせることができ、新しい発想に気づくことができます。

まずはキーワードを1つ書き出し、そこから関連する単語や考え方、絵や写真なども、枝分かれするようにどんどん書き出していきます。

この方法をつかえば、一気に関連キーワードを視覚化することができ、コンテンツマーケティング思考に沿って情報の設計がしやすくなり、大変便利です。

コンテンツの精度を高めるためにも、マインドマップは重要なツールです。

コンテンツのアイデアだしにとどまらず、コンテンツの品質を高めたいといった場合にもおすすめです。

既存コンテンツを細分化する!

コンテンツを作成するとき、大きなジャンルを設定すれば多くの人のニーズにあうかもしれませんが、すぐにネタが不足してしまうでしょう。

そのようなときは、ジャンルをさらに細分化することで、コンテンツの内容も深まり、よりユーザーの個々のニーズや悩みに近づいていくことができます。

さらには、コンテンツを分割すればするほどネタは増えていくため、ネタ不足で困ることも無くなり、コンテンツ化したいアイデアがつぎつぎと湧いてくるでしょう。

まとめ:ユーザーを徹底調査して発想を広げコンテンツを細分化すれば、ネタに困ることは無い!

今回は、コンテンツ作成でネタ切れしないアイデアの出し方についてお伝えしました。

ユーザーのニーズや悩みを深掘りしていくことでネタはつきません。

また、得た情報をコンテンツ化するために役立つツールや手法なども適宜使っていくことで、より精度の高いコンテンツを作成することができます。

つぎつぎにアイデアが浮かんできて、ワクワクとホームページ作成をおこなっていくことができるでしょう!