【2022年版】人材採用に強いホームページとは?9つのコンテンツを紹介

今回の記事では、人材採用に強いホームページを活用するメリットデメリットや、採用の強いサイトが取り入れているコンテンツについて解説いたしました。

「これから人材採用でホームページを活用しようと思うけど、どのようなコンテンツが必要なのかわからない。」

御社もこのような悩みを持たれていませんか?ホームページを人材採用に活用する会社も増えてきていますが、求職者から求められるサイトやコンテンツを作れていないと、損をすることもあります。

そこで本記事では、学生や求職者から求められる採用サイトのコンテンツに関して解説していきます。

この記事の内容

  • 人材採用でホームページを活用するメリットとデメリット
  • 採用に強いホームページに共通するコンテンツ9選
  • コンテンツ制作時の注意点

本記事を最後まで読むことで、採用ホームページに必要なコンテンツを知ることができ、素敵な人材を採用するための役に立てるので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

人材採用でホームページを活用するメリットとデメリット

現在の人材採用の現場は売り手市場です。そのため求人媒体だけではいい人材どころか求職者を集めることも難しいのではないでしょうか。学生や中途採用者に会社を知ってもらう為には、求人媒体だけではなく自社サイトの活用も必要不可欠です。そこでこれからホームページを活用して採用をお考えの企業様に向けて、ホームページを活用するメリットとデメリットを解説いたします。

メリット

情報を自由に掲載できる オリジナリティのあるコンテンツを届けることができる 応募者の質を上げることができる 採用コストを下げることができる 入社後のミスマッチを防ぐことができる

メリットとしては、求人媒体にはできないオリジナリティのあるコンテンツを求職者に届けることができる点です!求人媒体ではデザインやファーストビューページが他サイトと似てしまい、会社独自の色が出しづらいのではないでしょうか。その点、自社の採用ホームページを作ることで、求職者に届けたい想いを存分に表現できます。

また求職者からしても企業のオリジナル採用サイトにはメリットがあります。求人媒体ではわかりづらい、会社の雰囲気や想いを知ることができるので、入社後のミスマッチを防げます。

デメリット

制作する時間と費用がかかる 印象の悪いホームページになると離れられてしまう 求人媒体との連携は必要になる

デメリットは、費用と時間がかかる点です。採用ホームページのコンテンツを新しく考える時間を割かないといけないのと、制作を依頼するのであれば外注費もかかります。会社内でサイト構築ができるのであれば問題ないですが外注する際には予算をしっかりと組んでおく必要があります。

また求職者は、サイトが見づらかったり操作性が悪いと印象を悪くしてしまうようです。そうならない為にサイト設計や情報の整理はしっかり行う必要があります。

求職者目線で考える採用ホームページのコンテンツ9選!

採用にホームページを活用することが企業にも求職者にとってもメリットがあることがわかったと思いますが、おすすめのコンテンツを9つこちらで紹介するので参考にしてください。

株式会社ディスコの2021年6月の調査結果の中で、エントリーシート作成時や面接前で求職者が閲覧したコンテンツがありましたので下記にまとめてみました。 よく閲覧したコンテンツ 割合 企業理念・トップページ 74.9% 事業内容・実績 73.0% 会社概要 60.3% 採用コンセプト・求める人物像 54.7% 社員紹介 50.3% 日常の業務 48.3%

また株式会社JAICの調査では、「社風があっている」・「働きがいがある」・「自分のやりたい仕事ができる」・「福利厚生が良いこと」が企業選びで重視するポイントの上位をしめています。

このような結果から求職者が求めている内容・コンテンツを充実させることが大切と考えます。またそれぞれのコンテンツでターゲットをしっかりと絞ることで、求める人材にアプローチしやすくなるでしょう。

ファーストビューページ

ファーストビューページは、サイトを開いた際に最初に目に入るページで企業の顔になる部分です。ユーザーはファーストビューページを見て3秒以内に70%の方が離脱してしまいます。最初のページから、求職者に興味を持ってもらい、他のページに進みたくなることが大切でしょう。今のトレンドは会社の雰囲気や伝えたいことがわかる写真またはビジュアルに、メッセージを一文で掲載する形のようです。

会社紹介

主に事業内容や会社概要を伝えます。採用サイトでの会社紹介は、ターゲットが学生や求職者になるので、分かりやすく伝わりやすくするのが重要です。学生の場合、就職は初めてなのでそもそも業種の内容を知らない方も多いでしょう。自社の業種がどのように世の中と関わり役に立っているのかをイラストなどをまじえ紹介するのもおすすめです。また会社の未来の展望があると、求職者もワクワクするのではないでしょうか。

募集要項 募集要項では、 仕事内容 応募条件 勤務場所 勤務時間 給与・賞与・昇給 休日・特別休暇 待遇・福利厚生 会社行事 このあたりを記載すると訪れたユーザーにとってわかりやすい内容になるでしょう。

選考の流れ

選考の流れをわかりやすく作ることで面接や採用までの時間軸がはっきりします。そのため学生や求職者はスケジューリングがしやすく、安心します。

メッセージ

メッセージは社長や採用担当者から発信するコンテンツで、求める人物像や会社の方向性・想いを届けることができます。メッセージで伝える人物像や想いに共感をした求職者が、その会社に働きがいを感じたり社風が合っていると感じ応募に繋がります。

社員紹介と先輩社員の声

社員紹介と先輩社員の声があると、求職者にとって入社後のイメージが持ちやすくなります。求職者が会社を選ぶ際のポイントともリンクするコンテンツです。「この会社を選んだ理由」「仕事のやりがい」「将来の夢や目標」「大変だったこと」「日常の業務」などの実際の声を何名かインタビューしてみましょう。インタビューの注意点としては、上のポジションの方に集中するのではなく、歴が浅い先輩や新卒から上席まで登った方にインタビューをすると求職者のイメージがしやすいのではないでしょうか。

キャリアアップのイメージ

入社後のキャリアアップの説明は求職者にとって役立つコンテンツです。やりたい仕事がある方や具体的なキャリアパスを思い描いている方もいます。入社後にイメージしていたキャリアアップと違うことで退職をする方もいるので、採用の前段階で伝えておきましょう。実例をふまえるとより分かりやすく伝えることができます。

福利厚生

会社選びで重視するポイントとして、「福利厚生が良いこと」も上位に位置していました。また福利厚生は会社の色がとても出やすく、他社と差別化をはかりやすいコンテンツでもあります。

よくある質問

最後は、よくある質問集をコンテンツにして準備しておくことをおすすめします。求職者から疑問をその都度大勢とやりとりしていると会社側も大変です。求職者目線での疑問を考えてみて、問題解決できるようにしてみましょう。

採用ホームページのコンテンツ制作時の注意点3つ

採用ホームページのゴールは、求職者にコンテンツを見てもらい、採用につなげることです。いくら良い内容を考えても、サイトをみるユーザーから分かりづらい内容だと、会社の印象を悪くしてしまいます。

そこでコンテンツを制作するさいの注意点3つとして、 ターゲットを明確にする 見やすく、情報が散乱しないようにする 常に最新の情報にする これらに気をつけてみてください。

求職者としては、サイトを訪れた時に自分の欲しい情報が分かりやすく全てある状態が理想です。逆に情報がバラバラになっていたり、どこに何が書いてあるかわからない状態だと見る気を失ってしまいます。また情報は新しくなるたびに更新しておきましょう。

求職者がサイトを訪れた時の気持ちを想像してコンテンツの作成をして行くと、採用にもつながるのではないでしょうか。

採用ホームページのコンテンツに関するまとめ

人材採用は企業にとっての要であり、企業の発展にも大きく関わってきます。良い人材を集める為には企業側も様々な工夫と求職者目線が必要になります。

これから採用ホームページを作る予定の方はぜひ本記事で紹介した9つのコンテンツを参考にしてみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。