失敗しない!Web制作会社の選び方5つのポイント

上司からWeb制作の仕事を任されてしまい、こんな悩みを抱えていませんか?

「Web制作は専門的な制作会社に依頼したい」
「でも、たくさん会社があってどれにすればいいのかわからない…」
「Web制作会社選びで、失敗したくない」

Web制作会社は日本にゴマンとあるため、悩んでしまうのも無理ありませんよね。
この記事では「Web制作会社の選び方」と「選ぶポイント」を紹介します。

今まで「新規事業で失敗した…」という経験をお持ちの方も、今回の記事を読み進めていただければ、Web制作会社選びに失敗することはありません。

失敗を防ぐ!選ぶ前確認する3つの項目

制作会社を選ぶ前に、確認しなければならないことがあります。

  1. 目的を明確にする
  2. Web制作会社のリサーチを徹底する
  3. サイトの完成形をイメージする

それぞれ詳しく説明していきましょう。

目的を明確にする

ぼんやりとしたイメージでWeb制作を依頼しても、制作会社は困ってしまいます。企業がWeb制作を依頼する目的はさまざまです。目的を大まかに分けると3つになります。

  • 会社紹介・人材募集などのホームページ
  • 問い合わせや資料請求などの集客
  • ECサイト・ネットショップ関係

それぞれの目的に合わせたポイントは以下の通りです。

目的ポイント
会社紹介・人材募集などのホームページ・BtoB事業の依頼が多い・名刺代わりになるような仕上がりイメージ ・集客を目的としないため、SEO対策で順位を上げる必要なし
問い合わせ・資料請求などの集客・マーケティングに強い制作会社への依頼が◎ ・デザイン重視の制作会社は失敗する可能性があり ・SEO対策は必須
ECサイト・ネットショップの開設・ゼロから構築すると莫大な費用がかかる ・BASEやSTORESなど無料で開設が可能

まずは自社が上記に記してあるどの目的に適しているかを考え、制作会社へ依頼する際にはっきりと伝えましょう。

Web制作会社のリサーチを徹底する

後からトラブルにならないためにも、Web制作会社の調査は大事です。作業範囲が明確に決まっていなかったり、デザインするページ数が見積もりに掲示してなかったり、と曖昧な制作会社もあるからです。

「デザインの一部を変更したい」と申し出ても、「追加の場合は料金が発生します」と言われ制作会社と揉め事になる恐れがあります。良くリサーチした上でどの Web制作会社にするのか、検討してみてください。

またサイト運用中に不具合が生じた場合、制作会社で対応してもらえるかも忘れずにリサーチしましょう。

サイトの完成形をイメージする

サイトイメージを具体的にWeb制作会社に伝えるなら、RFP(提案依頼書)を準備しましょう。RFP(提案依頼書)とは、Web制作会社に具体的な提案を依頼するための資料です。

制作会社から「どのようなサイトをイメージしていますか?」「機能は何が必要ですか?」と聞かれた時に口頭の説明だけでは、見落としがあるかもしれません。

「現状の課題」「サイトの機能や要望」を具体的に明記すれば、制作会社との打ち合わせをスムーズに進められるでしょう。

Web制作会社を選ぶためのポイントを5つ紹介

前準備はできましたか?Web制作会社を選ぶポイントは以下の5つです。

  • Web制作プロセスは明確か
  • 複数の制作会社から相見積もりを取る
  • 創業年度と過去の実績を確認する
  • サイト開設後のサポートの有無
  • 予算内に要望を実現してもらえるか

それぞれ詳細を説明していきます。

Web制作プロセスは明確か

Web制作の流れは「企画・設計」→「制作」→「公開」→「運用」の順に進んでいきます。 スケジューリングが上手にできていないと、Web制作はスムーズに進みません。例えばこのような会話が発生するでしょう。

依頼側:「期限が近いのですが、サイト制作は順調ですか?」 製作側:「まだ〇〇のデザインができていません…なにか素材提供していただけませんか?」 依頼側:(最初に決めておけば素材準備できたのに…)

このように段取りが悪い会社は、決められた期限を守れない可能性があります。ただし制作会社だけでなく、依頼側でも素材や情報の提供が遅れてしまうと、進捗に影響するので全て制作会社が悪いとは言えません。そのため打ち合わせの段階で、Web制作のプロセスが標準化されいるか確認しましょう。

複数の制作会社から見積もりを取る

Web制作会社を選ぶ際、良くある失敗例として相見積もりをせずに契約してしまうことがあげられます。一つのWeb制作会社にこだわるのではなく、さまざまな会社から同条件で見積もりを取ることをおすすめします。

なぜなら、場合によっては相場よりも高い料金で契約を組まされるからです。打ち合わせがある場合は「何ページ制作でいくらかかるか」など具体的な内容を制作会社と話し合ってみてください。

あとから「違うWeb制作会社にしておけば良かった…」と後悔する前に、複数の会社に見積りを依頼しましょう。

創業年度と過去の実績を確認

創業年数が長い制作会社は、新規顧客よりもリピート率が高いと言われています。なぜならお客様がリピート依頼をしたくなる、品質とサポート力があるからです。創業が10年以上あるWeb制作会社は信頼性があり、選んでも失敗しないでしょう。

また実績の確認も忘れずに行ってください。実績のチェックポイントは以下の3つです。

  • 自分が目指しているサイトと近いものがあるか
  • 過去にどの会社と取引していたか
  • Web制作会社のジャンル

Web制作の目的は決めていますよね?その目的にあったWeb制作に期待がもてそうな制作会社を選びましょう。例えば「集客」をメインとしたい場合は、SEO対策に強いWeb制作会社を選べば間違いないですよね。

サイト公開後のサポートはあるか

実はサイトを公開してからが一番大変です。サイトの保守作業や年に数回ある更新作業など、行うべきことがたくさんあります。システムの更新でページ表示が崩れてしまい「手が付けられない」状態になってしまっては手遅れです。そのような自体にならないためにも、サイト公開後にサポートがある会社を選びましょう。

予算内に要望を実現してもらえるか

Web制作を予算内に実現してもらえるかは重要な基準になりますがその前に、しっかりと制作の相場を把握が必要です。

Web制作の相場は約20万円〜と言われています。さらに機能やデザインにこだわると50万円以上かかります。また毎月かかってくる、サイトを維持するためのランニングコストも予算に組み込みましょう。

それぞれの費用を計算した後に、制作会社に予算を掲示し実現が可能なのか相談しましょう。

サイト公開後の運用も大切

今回の記事では、失敗しないためのWeb制作会社事前準備と選び方のポイントを紹介しました。繰り返しになりますが、Web制作をどのような目的で運営するかを明確に決めておくが大事です。

サイト制作の目的が成果を出すためなら、完成後の運用も方法も考えなければなりません。「えいやっ」で制作会社を選んでしまい後悔する前に、入念な準備とリサーチを徹底的にしましょう。