成果の出るメルマガの活用方法を5つ紹介
メルマガ運用をしていても、なかなか成果が出ないと悩んでいませんか? 「メルマガ運用はもう古いのかな…」と落ち込むこともあるでしょう。 この記事では以下の悩みを解決します。
  • 開封率が上がらない
  • メルマガで成果の出る配信方法を知りたい
記事を読み進めてもららえば、成果が出るメルマガの活用法方を正しく理解できます。 メルマガから企業を応援してくれる「ファン」を作り、利益の向上を目指しましょう。

メルマガの特徴

スマホの普及によって、時代遅れと思われているメルマガですが未だに無くならないマーケティング手法です。無くならない理由がわかる、メルマガの特徴を解説します。

メルマガとは?

メルマガとは、メールマガジンの略です。 メールを定期的に配信し、顧客との信頼関係を構築するためのツールとして使うのが一般的といわれています。 メルマガで配信する内容には
  • 企業のお知らせ
  • 商品・サービスの案内
  • 新鮮で有益なコンテンツ
などがあげられます。 メルマガは企業が配信したい内容を、自由な「日付」「時間」に設定して送信できます。 メルマガという言葉を聞いて「うっとおしい」などネガティブな印象をもつ人もおり、また一方では時代遅れという声も耳にます。しかし、いまだにメルマガがなくならない理由は、マーケティング手法において絶大な効果(利益)が得られるからです。

メルマガの目的

メルマガの目的は以下の3つあります。
  • 商品・サービスの販促
  • 見込み客の育成 
  • ファンの獲得(サービス利用継続の促進)

商品・サービスの販促

自社商品の販売促進があげられます。メルマガ登録をした顧客へ、関連商品の案内をするなどアピールに効果的です。

見込み客の育成

「見込み客」から「顧客」にするには、商品に興味を持ってもらう必要があります。そのため定期的に「業界に関わる情報」や「有益なノウハウ」を発信しメルマガに飽きられない工夫が必要です。 また見込み客には、後から紹介するステップメールも効果的です。

ファンの獲得 (サービス利用継続の促進)

自社商品の「ファン」になってもらうことも重要です。なぜなら他の競合商品ではなく、自社商品を継続的に利用してもらえるからです。 既存客がサービスから離れてしまっても、商品を愛好するたくさんの「ファン」の存在があれば、売り上げが下がることはありません。ファンという名の「リピーター」確保が重要といえます。

メルマガで効果的な5つの配信方法

メルマガの特徴は理解できたでしょうか。ここではメルマガの効果を飛躍的に上げる、5つの方法を紹介します。

簡単にメルマガ登録できるフォーム

メルマガ運用以前にそもそもメルマガに登録してもらわなければ、なにも始まりません。登録フォームで、住所や連絡先など入力する情報が多いと面倒になってやめてしまったという経験ありますよね。 ユーザーの離脱を防ぐためにも、メルマガ登録フォームは簡略化しましょう。メルマガ登録は、空メールを送っただけで登録を完了できる簡単な仕組みにすると良いでしょう。

メルマガが読まれる文章を作成

せっかくメルマガを配信していても、読まれなければ意味がありません。読まれる文章は以下の3つです。
  • 構成を決める「件名」「導入文」「目次」「本文」「あとがき」「フッター」
  • 読者に語りかけるようなリード文 例:SEO対策で悩んでいませんか?〜
  • 1スクロール以内に読みきれる文章(スマホによる読者もいるため)
メルマガの文章では、ビジネス文のような硬い文章よりも、親しみやすい文章が読まれます。 また、目次と本文との間には「改行」や「記号」を使って区切りをわかりやすくしましょう。このような工夫で読者は、スムーズにメールを読み進めることができます。

ステップメールを活用

ステップメールとは、作成した文章を自動的に送信する配信方法です。 メールアドレスを登録してもらった日から、決められた日数毎にメールが自動的に送信される設定が可能です。ステップメールは、「見込み客」から「顧客」への教育に活用できます。 具体例: 1通目「ご購入・サービス利用の感謝、商品・サービスの説明」 2通目「現状の問題点への訴求:〇〇で悩んでいませんか?」 3通目「〇〇というツールをご存知ですか」 ・ ・ ・ このように見えていない問題点を、顕在化させることで商品やサービスに興味を持ってもらうことができます。

読まれる時間帯に配信

B to B向けの配信なら「8時」「13時」「16時」がいいでしょう。 なぜなら、企業に向けたメールの読者はビジネスマンが想定されるからです。 「出社する時間帯にメルマガを読む」「昼頃のメール確認時に開封」「定時前にメール確認」と行動が予測できます。 自分ごとに置き換え、「自分だったらどの時間帯に読むだろう」と考えてみるのもいいでしょう。

目を引くタイトルで開封率を上げる

読者が、気になる!読んでみたい!と思えるタイトルにしなければ、メールは未開封のままです。メルマガを開いてみたくなるタイトルは、以下の3つを意識しましょう。
  • 記号を使用する(●や■など)
  • 読者に問いかけるタイトル(知ってましたか?〇〇すると失敗します…)
  • 業界の固有名詞を使用する(「SEO対策」「Webマーケティング」など)
タイトルつける際は、タイトルの長さにも注意が必要です。なぜならスマホなどの端末では、タイトルが長すぎると全文表示されないためです。したがって読者をつかむキャッチコピーは冒頭で使用しましょう。

メルマガ脱未開封!

今回の記事で、メルマガ運用で活用できる方法は見つかりましたか? メルマガは未だに劣ることがないマーケティング手法です。特に高度な技術やツールなど使わずとも、成果につながります。シンプルな方法ですが、地道な継続が必要です。 重要なのは、商品が売れることよりもメール読者とつながることが、前進への一歩になります。企業の利益向上のためにも、メルマガ配信内容を見直し、開封率をアップしましょう。