SSL

今回はSSL化(暗号化)にどのような効果があり、SEOにどのような影響を与えるかについて、初心者でも分かりやすく解説させていただきました。

数年間ホームページをリニューアルされていないという方や、これからホームページを制作しようと考えている方は一度目を通しておくことをお勧めします。

SSLとは何か?

SSLという言葉、大事だと聞いたことはあるものの、何のことかよくわからないという方はたくさんいらっしゃるかと思います。SSLはSEO対策上でも、これから重要な要素になってくるので、必ず押さえておきましょう。

SSLとは、Secure Sockets Layerの略称です。WebサーバーとWebブラウザ間の通信を暗号化して送受信させる仕組みを指しています。

当サイトはURL欄をご覧いただくと分かるように、https:// となっており、SSL化がされています。SSL化されていないサイトは http:// となっており、コロンの前のsがないのが特徴です。

SSL化されていないとどうなるかというと、今閲覧しているホームページのアドレスが第三者に知られたり、ショッピングをしようと思ってクレジットカードの番号を入力すると、知らず知らずのうちにそのカードが悪用されてしまったり…といったことが起こります。これではインターネットを安心して利用できませんね。

そこで推奨されるようになったのがSSLです。SSLにはサーバーとブラウザ(Webサイトと訪問ユーザー)間のやり取りを暗号化することで個人情報を保護する役割があります。

ショッピングサイトなどでカード番号を入力する場面でSSLに切り替わり、通信が暗号化されるという流れはあったものの、全サイトがSSL化は全面的に推し進められるようになってきたのは数年前からです。2018年7月以降にリリースされたchromeでは、SSL化されていないサイトには「保護されていません」という表示が出るようになりました。

自身が閲覧しているサイトで警告文が出ることで不安に感じるユーザーは、警告文が目に入った途端にサイトを離脱してしまいますし、実際にユーザーにとって危険な可能性の高いサイトも存在します。ユーザーの情報をこれまで以上に保護し、安心してインターネットを利用してもらうためにも、SSL導入は必須になりつつあるのです。

SSLとSEOはどんな関係があるの?

SSLとSEOの関係性についてですが、常時SSL化を行うことで、上位表示されやすくなるという点があります。

とは言っても、上述したように、SSL化されていないサイトを減らしていこうという取り組みの一環であることは言うまでもありませんので、SSLによって大きなSEO効果があるわけではありません。

また、Googleは以下のように検索順位の結果を決めるときにSSL化されているかどうかを判断材料にする(ランキングシグナルにする)と明言しています。

HTTPS をランキング シグナルに使用します 2014年8月7日木曜日 セキュリティは Google の最優先事項です。Google は、デフォルトで強力な HTTPS 暗号化を導入するなど、業界でも最先端のセキュリティを Google サービスに導入することに力を注いでいます。これにより、たとえば Google 検索、Gmail、Google ドライブを使用しているユーザーは自動的に、Google に安全に接続することができます。 Google ウェブマスター向け公式ブログ [JA] : HTTPS をランキング シグナルに使用します (googleblog.com)

現在ではSEOでサイトの順位を上げようと思った時に、常時SSL化をしておくことは当然のことで、それに加えてコンテンツの力が重要になるという考え方が一般的になりつつあるということです。

自社ホームページをチェックする方法

自社ホームページがSSL化されているか、ご自身で簡単に確認できるチェックツールをご紹介します。無料で確認できるので、もしSSL化されているかどうか分からないという場合は一度確認してみることをお勧めいたします。

SSLチェックツール(無料)

SSLチェック【証明書・プロトコル・暗号スイート確認】 (cman.jp)

ご自身のサイトを確認する目的であれば無料でご利用いただくことが可能です。お役立てください。

もし「正常」という結果が出なかった場合、SSL化をする手続き又はホームページをリニューアルすることをお勧めいたします。

SSLも大切ですが、モバイル対応が主流になってきたことなど、インターネットを取り巻く環境は常に変遷していますから、5年以上前にホームページを制作したという場合は一度見直ししたほうがよいかもしれません。

【まとめ】ホームページのSSL化はSEO対策というよりは「マナー」

SSLはサイトを訪れたほとんどのユーザーにとって、今や必要不可欠な条件となりつつあることが分かったのではないでしょうか。警告文が出るようになったこともあり、SSL化されていないサイトを警戒し、たどり着いたとしても多くが離脱してしまいます。

クレジットカードや氏名、生年月日など、これまで個人情報と言われてきたもの以外にも、「自分がどのサイトを訪れて、どのような内容のコメントをしたのか」と言ったような、”インターネットをどのように利用しているのか”ということ自体が個人情報と呼ばれる時代になりました。

個人情報と呼ばれるものの範囲がグッと広がった今、サイトを常時SSL化するということはSEO対策というよりも、ホームページを公開する上での必須条件、いわばマナーのようなものなのかもしれません。