ECサイト運営における上手な動画の使い方

ECサイト運営において動画活用は必要不可欠になってきました。

スマートフォンやSNSの普及、また動画プラットフォーム市場の広がりにより、ユーザーも写真などの静止画よりも、動画を見て情報を得る方が増えています。

ただどのように動画を活用したらいいか分からない方も多いです。

そこでこの記事では、ECサイト運営をしていて、「動画活用もしてみたいけど、活用方法が分からない」という方に向けてECサイト内の動画活用方法についてまとめました。

動画活用は、ターゲットユーザーのブランドや商品の認知状態によっても変わるので、ぜひ参考にしてみてください。

ECサイトにおける動画の使い方とは?

ECサイトにおける動画を上手に活用することで、お客様とサイト運営者の双方にメリットがあります。ここでは「6種類」の活用方法と「サイト内」・「サイト外」の活用方法に触れていますので、まずはここから理解していきましょう!

6種類の活用方法

ECサイト内には動画の活用方法として以下の6種類が挙げられます。

  • 販売促進
  • 顧客満足度の向上
  • 商品紹介
  • 商品の使い方
  • 集客
  • ブランディング強化

またECサイトで動画を活用することで得られるメリットには以下が考えられます。

  • 興味を持ってもらい、購入に繋げる
  • 写真だけでは伝わりづらい魅力を伝える
  • 商品やサービスのメリットを感じてもらう

写真や文字だけでは、お客様に伝達する情報に限りがあります。動画を活用することで、視覚と聴覚を使って、お客様に訴求することが可能です。

例えば、動画を活用することで、写真では伝わらない商品を着用して動いた時の見え方や、光の加減が視覚的にわかります。

また動画に音声を入れることで聴覚でも情報を得られます。

動画を活用することで、商品やサービスをより魅力的に伝えられたり、お客様にとってメリットを感じていただけます。

サイト内とサイト外の活用方法

上記で説明した動画の活用方法は、大きく2種類「サイト内での活用」と「サイト外での活用」に分かれます。

理由は、顧客の購買までの状態が「顕在層」と「潜在層」に分かれていることにあります。

※顕在層……すでに商品やサービスのことを知っている方。すでに購入した経験がある方と、商品やサービスは認知しているが、購入や利用にまでいたっていない方がいます。

※潜在層……まだ商品やサービスを認知していない方。

顕在層と潜在層の顧客に合わせて、ECサイトの動画を使い分けるとより効果的に活用することが可能です。

ECサイト内での動画活用 (買いたい気持ちを後押しする)

ECサイト内での動画活用は、「顕在層」の顧客をターゲットにします。商品やサービスをすでに認知しているので、買いたい気持ちを後押しする内容を届けます。

  • 商品の紹介
  • 商品の使い方
  • ブランディング強化

上記の内容の動画を、ECサイト内に埋め込む形で活用します。

商品の紹介動画

商品の紹介動画は、写真や文章だけで伝えるよりも、お客様に伝わりやすいので定番の活用方法です。

商品紹介で動画を使うことで、商品の着用感・使用感・質感・サイズ感などが伝わりやすいことがメリットとあげられます。

モデルや店舗スタッフが着用・使用するプロモーション動画を作ることで、購入後のイメージも持ってもらいやすいです。

商品の使い方動画

商品の使い方の動画を活用することもおすすめです。

購入後のお客様のサポートにも繋がりますし、購入前のお客様には安心感を持ってもらえます。

例えば、自分で作成する家具などは、説明書がつきますが、読みながら作成することに不便を感じることがあります。

そのような時に動画であれば、スマートフォンをかたわらに置いて、映像と音声で分かりやすく進められます。

ブランディング強化

ブランディング強化は、ブランドができたコンセプトや創業者・社員の想いなどを動画として活用する方法です。

商品ページではなく、ECサイトのLPに目立つ形で掲載すると、お客様の目にも止まりやすく、買いたい気持ちの後押しにもなります。

商品を認知していない方に対しても、興味を持ってもらう手段として活用できます。

ECサイト外での動画活用 (興味を持ってもらい集客する)

ここでは、ECサイト外での動画活用を紹介します。

  • YouTubeを活用する
  • SNSに動画を投稿する
  • 動画SEO対策をする
  • 動画広告を掲載する

ECサイト外で動画活用する目的は、ブランド・商品・サービスの認知をしてもらい、興味を持ってもらうことにあります。

興味を持ってもらうことで、ECサイトへの集客に繋げることが可能です。

主な活用方法は、上記のようにYouTubeやSNSの活用、SEO対策をすることでキーワードで上位表示を狙う、また動画広告を掲載することが上げられます。

このあたりは、予算の関係やターゲット層の違いもあるので、確認しながら進めてみてはいかがでしょうか。

ECサイト運営における動画の活用法は多岐にわたる

この記事では、ECサイト運営における動画活用に関して解説させていただきました。

動画活用は、ECサイト内とECサイト外で活用方法が変わります。

  • ECサイト内……商品の紹介、商品の使い方、ブランディング強化
  • ECサイト外……YouTubeやSNSの活用、SEO対策、動画広告の掲載

ターゲットが、ブランド・商品・サービスをすでに認知しているか、まだ認知されていないのかで、動画の目的も変わって来ます。

どのようなターゲットに、どのようにリーチしたいのか考えてみて、この記事で紹介した内容をぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。