【初めての方必見!】ECサイト作成のメリット・デメリットを紹介!

「ECサイトの作成を考えているけど、そもそもどこで作成できるの?」 「ECサイトを作成するメリットとデメリットを知っておきたい。」

店舗販売から、インターネット上で商品を売るためのECサイト販売をはじめようと考える方も増えてきました。

しかし、ECサイトにも種類があり、自分がどの種類のサイトを使えばいいか分からず疑問を持たれている方もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、「モール型」と「自社サイト型」のECサイトの特徴とメリット・デメリットを解説いたします。

最後まで読み進めていただき、ECサイト作成の参考になれば嬉しいです。

モール型ECサイトの特徴とメリット・デメリット【楽天・amazon・shopeeなど】

モール型ECサイトは、ショッピングモールのように多数の店舗が集まっているサイトのことです。

よく名前を聞くのが、楽天市場やamazon、shopeeなど。

モール型のECサイトは、出店する場所が決まっているので、難しい作り込みがなく、初心者でも比較的簡単に作れます。

メリット

  • 初期費用が少ない
  • 集客しやすい
  • 信用力がある
  • デザインなどの作成も簡単にできる
  • 決済情報などもモール内のシステムで完結できる

モール型ECサイトのメリットとしては、なんと言ってもモール自体に信用力があることではないでしょうか。

集客にそこまで力を入れなくても、モール自体に多くのお客様が来られるので、自店舗にも来店してもらいやすいです。

またシステムの運用をモール側が行ったり、ある程度決まったデザインにはなりますが、枠が決まっている点も、とりあえずECサイトをオープンしたい人にはおすすめ。

デメリット

  • 出店料やロイヤリティなどのモールに払うお金がある
  • デザインで差別化がはかりにくい
  • 他店と比較されやすい

デメリットは、モールという出店場所がすでに用意されているので、出店料や中にはロイヤリティを毎月払う場合もある点です。

初期段階にかかる費用や労力は少ないですが、モール内で店舗運営をするのに、毎月お金がかかることは覚えておきたいところですね。

また多くの競合サイトも同じモール内に出店をしているので、ユーザーから比較をされやすい点もあげられます。

ユーザーから目を止めてもらえるような工夫をする必要もありそうです。

自社ECサイトの特徴とメリット・デメリット【shopify・BASE・storesなど】

自社ECサイトとは、楽天市場やamazonのように出店場所が用意されているのではなく、一からサイト構築をしていきます。

一からECサイト構築となると、ハードルが高いように思えます。

ですが今はShopifyやBASE、storesのような、ECサイトの設計・開設ができるプラットフォームがあります。

これらを使えば、プログラミング技術なども必要とせず、自社のECサイトを作成できます。

ECサイト作りにしっかりこだわりたい人は自社で作ってみるのをおすすめします。

またShopifyやBASE上で、ECサイト構築を専門にしているWeb制作会社もあるので、もし不安であれば頼ってみるのもいいでしょう。

メリット

  • 自分の好みのデザインで作成できる
  • 集客が自由にできる
  • キャンペーンなども自由にうてる
  • ブランディングがしやすい

モール型のように決まったデザインや販売ルール、キャンペーンのルールがありません。

個人のやりたいことを表現できるのが、自社ECサイトの特徴でしょう。

デメリット

  • 集客が難しい
  • システム管理は全て個人対応になる
  • 信頼度を上げるのに時間が必要になる
  • 制作を依頼をする場合は初期費用がかかる

自社ECになると難しいのはやはり集客ではないでしょうか。

すでに名前の知られているブランドであれば、何もしなくてもお客様は来られますが、無名の場合は集客に工夫が必要です。

自社サイトと自社ECサイトの連携方法【サブドメイン利用】

自社ECサイトを作成した場合には、自社サイトと自社ECサイトを連携させる必要がありますが、ここではサブドメインの利用をおすすめしています。

サブドメインとは、それ自体が独立したWebサイトですが、メインとなるドメインの下に位置します。

例えば『◯◯◯.com』というドメインを所有する会社があるとします。

その会社がトラベル事業やECサイトの展開を行う場合に、サブドメインとして以下のようなドメインを作成します。(下記は例です。)

トラベル事業:travel.◯◯◯.com ECサイト:shop.◯◯◯.com

カテゴリーの異なる商品を別々のECサイトで販売したい時にも役立ちます。

サブドメインの作成は、使用されているレンタルサーバーの中に、サブドメイン設定の場所があるので、そこから設定を進めます。

ぜひサブドメインを設定し、メインドメインと連携してみてください。

まとめ

この記事では、ECサイト作成の際のメリットとデメリットに関して、以下の内容を紹介いたしました。

  • モール型ECサイトの特徴とメリット・デメリット
  • 自社ECサイトの特徴とメリット・デメリット
  • 自社サイトと自社ECサイトを連携させる方法

ECサイトはモール型と自社サイト型でそれぞれメリットとデメリットがあり、どちらの方が売上が上がりやすいなどはありません。

ブランディングやサイトへのこだわり、また管理のしやすさも関係してくるので、あなたのサイトの目的をしっかり考えてみてください。

この記事があなたのECサイト作りに役立ててもらえたら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。