今回はMEOには必須のGoogleマイビジネス基本編です。まずはGoogleマイビジネスへの登録の仕方を注意点と合わせて画像つきで分かりやすくお伝えしていきます。

GoogleマイビジネスはMEO運用の核とも言えるページですので、今後地域密着型ビジネスを行う上で絶対に登録をしておくべきです。

MEOが分からない方はこちらの記事も読んでみてください。ローカルSEO(MEO)で地域密着型集客を加速! (p-image.net)

流れに沿って進めていけば難しいところはありませんので、順を追って登録の手続きを行いましょう。

Googleマイビジネスを登録する前に確認しておくべきこと

登録を進める前に確認が必要なことがあります。

Googleマイビジネスに登録をしていないというお店でも、検索したときにGoogle Map上にピンが現れる場合があります。この場合、Googleがネット上の情報を拾って自動的にマイビジネスページを作成した、または以前のオーナーがページを作成したという可能性が挙げられます。

もし、ご自身のお店をMap上で検索をかけた時にピンが表示されたら、新たにご自身のマイビジネスページを作成しても、データが重複し表示されないということがありますので、必ず確認しておきましょう。

ご自身で登録をしていないにも関わらず、Map上にピンが現れても焦る必要はありません。その場合は登録を進めるのではなく、まずはオーナー権限のリクエストを進めてください。

ビジネス プロフィールのオーナー権限をリクエストする - Google マイビジネス ヘルプ

登録手順に沿って情報を入力

Googleアカウントを取得していない方は、まずはGoogleアカウントを取得してください。新規で取得する場合はビジネス用アカウントとして取得するのがベターです。

そのあと、Google マイビジネス に進み、「今すぐ利用開始」から登録を進めていきます。

これから事業を起こす予定の方も、既に事業でGoogleマイビジネスの活用を進めたいという方も、本記事を参考に必要な情報を準備しておいてくださいね。

では実際に画像を見ながら注意点を合わせてお伝えしていきます。

ビジネス名を入力

まずはご自身のお店の名前を入力しましょう。この時に地名や電話番号、キャッチコピーを入力してしまうとGoogleに許可をもらえない場合があるので、ビジネスの正式名称を入力してください。

Googleマイビジネスにビジネス名を登録

カテゴリの入力

カテゴリは手入力すると途中で候補が出てくるので、あてはまるものを選択しましょう。登録時は大カテゴリーしか選択できませんが、登録が完了すればサブカテゴリ―も使いすることができます。

Googleマイビジネスにカテゴリ名を登録

ビジネス拠点についての情報を入力①

本記事では地域密着型で店舗を持って営業していることを想定しているので、「はい」にチェックをして進みます。カテゴリーに矛盾している場合は次に進めなくなっているので、カテゴリーと整合性のある情報を入力してください。

Googleマイビジネスに拠点情報を登録

ビジネス拠点についての情報を入力②

商品配達・出張型サービスを行っている場合は「はい」にチェックして進みます。1店舗のみで営業を行い、宅配などもしていないのであれば「いいえ」をチェックします。

Googleマイビジネスに拠点情報を登録

住所を入力

所在地を入力します。検索をかけたときにGoogleマップ上で表示されるので正しいものを入力してください。のちに郵送でオーナーであることを確認する為にこの住所が使われます。間違っていると登録が完了しませんのでご注意ください。

Googleマイビジネスに住所を登録

連絡先を入力

連絡先を入力します。電話番号はつながるものを入力し、ウェブサイトもあれば入力します。ウェブサイトは登録する上ではなくても大丈夫です。無料の1ページもののサイトを作成することも可能なので必要に応じて作成してください。(Googleの無料サービスなのでデザインや機能性には限界があります。)

Googleマイビジネスに連絡先を登録

連絡先の名前を入力

郵送確認の際に宛先になる名前を入力してください。ここも住所と同様、宛先名不一致などが起こらないように注意してください。現在は郵送でのオーナー確認しか行っておりませんので、入力完了したら郵送ボタンを押します。

Googleマイビジネスに連絡先の名前を登録

確認コードの入力→登録完了!

あとは郵送されてくるコードを待ち、Googleマイビジネスアカウントにログインしてコードを入力すれば登録は終了です。郵送まで最大19日ほどかかるそうなので、焦らずお待ちください。

【まとめ】MEOの第一歩!Googleマイビジネスに登録して地域No.1を目指そう

今回はGoogleマイビジネスに登録をしたほうがいいのは分かっているものの、実際にどういう手順で進めればいいのか、どんな情報が事前に必要なのかを知りたい方に向けた内容でした。

ビジネス名・カテゴリ名・ビジネス拠点の情報・住所・連絡先(電話番号・ウェブサイト)・連絡先名があれば、登録手続きは可能です。郵送にてコードを取得し、オーナー確認を済ませたらいよいよ次は本格的に運用を進めましょう。

「Webはなんとなくとっつきにくい」と思っていた方でも、Googleマイビジネスは簡単に登録ができるということを知っていただけたのではないでしょうか。各項目ごとに最低限のポイントを押さえ、Googleマイビジネスであなたの地域の潜在顧客を呼び寄せる第一歩を踏み出しましょう。